JIS A5917「衝撃緩和型畳床」認証第一号
畳を通して大切な家族の健康を守る
岡部商事の優しい畳床

  • セーブ畳床 セーブ畳床 JIS A5917認証取得・介護保険住宅改修適用対象。
    人生100年時代の住宅を考えた、大切な家族(子ども、
    高齢者)を転倒から守る衝撃緩和型畳床。
  • わら美人畳床 わら美人畳床 稲わらと断熱材のハイブリッドによる心地よさと、外断熱
    ・調湿性能を兼ね備えた特許取得・衝撃緩和型畳床。

JIS A5917認定 衝撃緩和型畳床「セーブ畳床」2019年12月取得

気候風土に合った伝統的敷物で住宅を“バリアフリー”化 気候風土に合った伝統的敷物で住宅を“バリアフリー”化

住宅の新築における、4大要素は
「①エコ住宅」「②長持ち住宅」
「③耐震住宅」「④バリアフリー住宅」

となり、
岡部商事の衝撃緩和型畳床は
「④バリアフリー住宅」の要素に該当します。

変えよう!大切な家族を守る衝撃緩和型畳床へ!

介護が必要となった原因は、

第1位が
認知症
第2位が
脳血管疾患(脳卒中)

となっています。

一方で、4位の骨折や転倒などで介護が必要になるケースも。
また、骨折・転倒から認知症へとつながり、さらに寝たきりへと悪化するケースも。

高齢者、障害者のみならず、ロコモティブシンドローム患者及び予備軍が4700万人を超え増加傾向です。そのような社会背景に対応するために「安心・安全」につながる転倒時の衝撃緩和が求められています。

介護が必要となった主な原因

介護が必要となった主な原因
ロコモティブシンドローム(ロコモ:運動器症候群)
高齢者、障害者のみならず、加齢に伴う筋力低下、関節及び脊髄の病気、骨粗しょう症などによって運動機能が衰えて、要介護又は寝たきりになるリスクが高い状態を表す。

高齢者、お子様、腰・膝・踵 に優しい畳床!

弊社が開発した「衝撃緩和型畳床」の特徴や魅力をご紹介

業界初!JIS A5917 認証第一号!
セーブ畳床(ST・DX)は、衝撃緩和型畳床としてJIS認証を取得しています︕

認証番号
GB0819003
JISの番号および名称、認証の区分
  • JIS A5901 稲わら畳床及び稲わらサンドイッチ畳床
  • JIS A5914 建材畳床
  • JIS A5917 衝撃緩和型畳床
認証書授与式の様子
  • 認証書授与式
  • 認証書授与式
JIS認証
Page Top